チャレンジ秋田 あきた就職氷河期世代活躍支援プラットフォーム
MENU

事業の概要

就職氷河期世代の方へ

企業の皆さまへ

就職氷河期世代の方へ働くための準備をしたい

トップページ就職氷河期世代の方へ働くための準備をしたい

働くための準備
をしたい。
(無業の状態にある方)

様々な支援メニューを
利用してみませんか。

しばらくの間就業から離れていても、一歩を踏み出すための準備をしたい。
働きたいけど、どうしたらいいかわからない。

一人ひとりを取り巻く状況は違うものです。
専門スタッフとの面談を通して、あなたに合った準備が出来る
地域若者サポートステーション(通称サポステ)を利用してみませんか。
ご家族のご相談もぜひお寄せください。

サポステってどんなところ?

働くことに踏み出したい方たちとじっくりと向き合い、
本人やご家族の方々だけでは解決が難しい「働き出す力」を引き出し、
「職場定着するまで」を全面的にバックアップする 厚生労働省委託の支援機関です。

あなたを全力でサポートする場所。今の思いを話しに来てください。
すべての問題解決は、そこから始まります。

サポステの特徴

特徴01複数の専門家が問題解決を支援!

じっくり時間をかけて積極的に
面談を行い、 あなたに必要な経験や
スキルを見極めて、サポート内容を
決定していきます。

特徴02専門家による個別支援

同じ悩みを持った仲間やよき理解者となるスタッフと深く話し合えるところが、サポステのよいところ。
仲間たちと不安を解消するグループワークを体験したり講座を受けたりしながら共に成長していける場所です。

利用者さんの声

ハローワークでサポステのポスターを見かけ就職相談したことがきっかけで、継続してサポステで相談するようになりました。
自分一人ではなかなか進められなかったので、自分の希望や適性を考慮して紹介してくださり助かりました。自分のことを話していくうちに、それまで気づけなかった希望や性格が見えてきたと思います。聞いてもらうことで頭の中を整理することができました。
一人で抱え込むより、一度相談してみると案外すんなり突破口が見えてくるかもしれません。

利用者 30代 女性Sさんの声

体調不良で退職し就職活動をしていた時、ハローワークでサポステのチラシを見て行ってみようと思いました。

病気やいじめなどの様々な事情で仕事をすることができない、仕事をしていく自信がないと感じているかもしれません。しかし一歩ずつ自分のできることから焦らずじっくり考え、行動して行けば現状を変えるきっかけになります。

利用者 30代男性Iさんの声

あきた若者サポートステーション ホームページより抜粋

秋田には2つのサポステがあります。
まずはお電話ください。

電話またはメールでアポイント。
電話での相談も可能ですが、できれば直接お会いしてお話を聞かせてほしいと思っています。

あきた若者
サポートステーション

「働く」きっかけをつくりたい

仕事に関する悩みや心配を抱える本人への継続的な支援を行っている厚生労働省から委託を受けた機関です。面談を通してじっくり話し合いながらさまざまな解決策を見つけていきます。

秋田市御所野地蔵田三丁目1-1
秋田テルサ3F
電話:018-892-6021
時間:月〜金曜日 9:00〜17:00
ウェブサイト:http://saposuteakita.com/

秋田県 若者サポートステーションよこて

働くことに悩みを抱えている方の自立を支援します

働きたいけどどうしたらいいかわからない…コミュニケーションが苦手… やりたいことを見つけたい…そんなあなたを応援します。 自身の将来に向けた取り組みが進められるよう、ハローワークや自治体、学校、医療機関等との連携を密にしながら支援をしていきます。

  • 来館による相談のほか出張相談による相談も受けつけております。
  • skypeによるオンライン相談も行っています。

横手市横山町1-1(すこやか横手1F)
電話:0182-23-5101
利用時間:10:00〜16:00
(金曜日は午前中のみ)
開館時間:9:00〜18:00
休館日:日曜日・水曜日・祝日
ウェブサイト:http://sapoyoko.jp/